水恐怖症は怖い?水を怖がるのは

夏真っ盛り。

今年は冷夏になるとか予想されてはいましたが蓋を開けばやっぱり暑い夏ですよね。
そんな夏のレジャーを挙げるとするなら、まず一番に海やプールでしょう。
あの開放感たるや他に代わるものはありませんよね。
どうして海の家の焼きそばやカキ氷ってあんなにおいしく感じるんでしょう。
今年もすでに海やプールに出かけた人も多いかと思います。

でも実はそんな海やプールを誰もが楽しめるものだと思っていあるのは大きな間違いなのです。
そうです、海やプールは家族連れやカップルたちで溢れかえり、私のような独り身の男には・・・。
暑さのせいか思わず愚痴ってしまいましたがさらに深刻な悩みを抱える人たちも少なくないのです。

高所恐怖症や閉所恐怖症、対人恐怖症など世の中にはあるものに異常なほど恐怖心や不安を感じる神経症が多くあります。
誰もが一つくらい苦手なものはあるでしょうし、その対象も人それぞれ。
水に対して怖いと感じる水恐怖症も珍しいものではないといわれています。
小さい頃は自分も怖かったと思い出される人もいるかと思いますが、もしかすると海やプールではしゃいでる人たちの中には全くその感覚がわからないという人もいらっしゃるかもしれません。
また幼い子供だけの病気だと思っている人も多いと思いますがけしてそうではないようです。
なので今回少しでも水恐怖症というものが理解され、そうした悩みを持つ人の克服の手助けになればと思います。

「水」と一言にいってもどういうことだ?と思った人もいるんじゃないでしょうか?
私も「水恐怖症」というワードを最初に聞いた時はその具体的じゃない言葉にちょっとした違和感を覚えました。
・・・が、どうやら言葉の通り原因も症状もいろんなパターンがある幅広い病気のようです。
総合すると「水」としか表しようがないということでしょう。

人間の生活にとってとても身近な距離にある水。
普通に暮らしていれば毎日必ず触れるものだし、生まれてからずっとお世話になってきた水。
水なしには生きていけないのは誰もが知っている事実。
その水への恐怖心。
それがどこからくるものなのか、とても興味深いと思いませんか?
そこで水恐怖症のあらゆるケースを考察してみました。

水害や遭難事故なども連日のニュースで取り上げられている昨今。
少し考え方を変えれば、水恐怖症という病気は誰が発症してもおかしくないのかもしれません。
誰もが水と仲良く海やプールで楽しめるヒントを見つけ出せればと思います。

 

オススメサイト

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です